当サイトは男の子・女の子の正しい産み分け方法を紹介しているサイトです。

産み分けゼリーについて


産み分けする方法として有名なのがSEX前に直接膣内にゼリーを注入する方法。

ゼリーと言っても市販されているような食べるゼリーではなく、産み分け用のゼリーです。

女の子が欲しいならピンクゼリー。
男の子が欲しいならグリーンゼリー。

産み分けしたい性別の方のゼリーを使います。

女の子の産み分けに使うピンクゼリーとは

女の子の産み分けに使うピンクゼリーの特長は

膣内にピンクゼリーを入れると、膣内を酸性にし、女の子を妊娠するのに必要なX精子(染色体)が卵子までたどり着きやすくしてくれます。

そうして無事X精子(染色体)が卵子までたどり着くと女の子を妊娠することが出来ます。

男の子の産み分けに使うグリーンゼリーとは

男の子の産み分けに使うグリーンゼリーの特長は

膣内にグリーンゼリーを入れると、膣内をアルカリ性にし、男の子を妊娠するのに必要なY精子(染色体)が卵子までたどり着きやすくしてくれます。

ピンクゼリーは膣内を酸性に保つものでしたが、グリーンゼリーはアルカリ性に保つものです。

違いはこの点だけで、使い方などは一緒です。

産み分けに良いとされる食べ物について

次は産み分けに良いとされる食べ物をご紹介します。

※ここでは産み分けに良いとされる食べ物を紹介していますが、科学的根拠は一切ないものなので食べ物で産み分けは現実的ではないことを覚えておきましょう。

女の子を産み分けしたい人が食べると良い食べ物

女の子を産み分けしたいなら

お肉を食べると良い

とされています。

お肉を食べると身体が酸性よりになると言われており、結果的に膣内も酸性になるという考えです。

これはママの話。

また、パパは逆に野菜系を食べると良いと言われています。

男の子を産み分けしたい人が食べると良い食べ物

男の子を産み分けしたいなら女の子とは逆に

ママが野菜を、パパがお肉を食べると良いそう。

ただし、科学的根拠が無いため、どのぐらいの機関、どのぐらいの量を食べたらいいのかなどの情報が無いので普通にSEXするのと違いがありません。

思い込みの力を利用した産み分け方法と言ってもいいかもしれませんね。

女の子・男の子をを産み分けするのに失敗した人の特長とは

今世の中で知られている産み分け方法では100%産み分け出来る方法は1つしかありません。

その方法というのがパーコール法というものなのですが、精子を遠心分離器にかけるためなのか障害のある子が生まれやすいという話があります。

また、パーコール法は値段が高いのもネックです。

高いお金を払って障害のある子が欲しい訳ではないので、多くの人は普通に産み分け出来る方法を取ります。

ただし、このパーコール法以外の方法だと100%産み分け出来る方法はないので当然失敗する方が出てきてしまいます。

産み分けに失敗する人の特長をまとめてみます。

  • 排卵日をしっかりと把握していない
  • 排卵日は最近だと排卵日検査薬が薬局でも売っているのでこれを利用すれば良いでしょう。

  • 性交渉の方法が間違っている
  • 性交渉する際は女の子なら淡泊な、男の子ならしっかりと感じさせることが大事です。

  • 産み分けゼリーを使っていない
  • 産み分けゼリーは非常に有効な方法です。
    産み分けゼリーを使うのと使わないのでは大きく確率が変わってくるため使っておくことをおすすめしています!

産み分け出来る確率は?

産み分け出来る確率は産み分けゼリーなどを特に使わない場合は約6割程度、産み分けゼリーを使ってしっかりとタイミングなどを意識すれば約8割まで確率を上げることが出来ます。

出来れば失敗したくないと思って産み分けしていると思うので、事前に産み分けに関する知識を持っておくことが大事です。

よく当たる?中国式産み分けカレンダーで計算

古くから中国で親しまれている中国式産み分けカレンダーというものがあります。

中国式産み分けカレンダーはママがこの年齢の時にはこの月、この日に妊娠するとどちらの性別が生まれてくるか計算できるものです。

中国では99%という意味不明な数値が出ていますが、日本で独自に検証したところ約50%程度という結果になりました。

要するに、普通に子供を作るのと同じぐらいの確率というわけです。。。

中国式産み分けカレンダーは別名産み分け占いとも言われているので、当たるも八卦当たらぬも八卦ということなのでしょう。

大事な産み分けに「ごめーん、外れちゃったテヘッ!」は勘弁してほしいですよね。

産み分けの相談を病院ですると・・・

産み分け相談が出来る病院や産婦人科があります。

都心なら比較的多くの病院や産婦人科があるのですが、都心部から離れたところだと少ないので、なかなか相談しに行けないというのが現実です。

しかも1度の相談で終わらないので、何度も行くことになり、価格的にも高い。

医者に診てもらえるという安心感を除けばあまりメリットが無いので、このサイトの情報を信用して産み分けに取り組んでもらえればと思います。

産み分けした方の実際の口コミ

なお
名前:なお
お住まい:岐阜
年齢:32歳
欲しい性別:男の子
トライした産み分け方法:タイミング法
初めは特に考えていなかったのですが、家族の希望もあり産み分けを希望しています。 まず、最初にどこから始めればいいか分からず、とりあえずネットで情報収集しました。 なかなか友人にはききずらく、また、周りでは、義理の両親からの催促で精神的に参ってしまっている子もいてなかなか軽く相談も出来ませんでした。
しかし、ネットでは情報が溢れすぎていますし、信頼性に関しても疑問がつくものも多く、信頼できる情報はどこにあるのか、そこからがスタートになってしまいます。 また、私は、普段から婦人科に行きなれていなくて、婦人科に行くのもすごーくハードルが高いです。 こんな時にいつも思うのは、気軽に相談できる窓口が欲しいということです。 しかも、なるべく公的な機関で信頼性が担保できるようなところ。 現在、女性が産む子供の数は少なくなり、今後も、産み分けに関しては、その需要が増えるのではないかと考えています。 もっと多くの人が気軽に聞ける、そんな場所が欲しいと思っています。
フランキー
名前:フランキー
お住まい:大阪府
年齢:26歳
欲しい性別:男の子
トライした産み分け方法:タイミング法
産み分けをしたい理由は、とても単純な理由ですがどちらも欲しいからです。
自分自身が兄2人と姉がおり、末っ子として育ちました。
その中で、やはり兄の存在はとても大きかったように思います。
たくさん話すというわけではないですがどこか頼りにしている私がいて心の支えとなっていました。
大人になって結婚し、そろそろ子供がほしいなと旦那さんと話しているときふとそれを思い出し、できれば支えになってやれる優しい兄の存在があってほしいな、と思いましたし、旦那さんの為にも同棲の子供を産んであげたい、と思いました。
そんなことを考えていてネットで調べたら思っていたより色々な産み分け方法が出てきてびっくりしました。
その中でもあまり人工的すぎないものがいいな、という思いがありました。
ゼリーなどもしっかりと産み分ける方法としてはいいのかもしれませんが、なんだか化学的な感じがして、もし赤ちゃんになにか影響があったらどうしようと少し心配で手が出せません。
それだったら産み分けてみて、もし逆でも喜んで迎えよう、という気持ち程度で体になにか加えることをしない自然なやり方がいいなと思い、タイミング法を実践中です。
でもわたしたち夫婦のもとに来てくれる赤ちゃんであればきっとどちらでも嬉しいんだと思います。”
ドラちゃ
名前:ドラちゃ
お住まい:愛知県
年齢:30歳
欲しい性別:女の子
トライした産み分け方法:ピンクゼリー
上2人が男の子で、経済的にもあと1人が限界かなぁと思うのであと1人を産み分けで女の子が産まれる可能性があるならば挑戦したい。
産み分けはどの程度の可能性があるのか、産み分けは完全に性別を選別できるのかが気になります。
病院を利用しての産み分けのが効果がありそうですが、いわゆる民間療法というか都市伝説的なバナナを食べると良いとか、ゴマを食べるなどなど効果があるのか。
男の子と女の子はどのくらいの確率でどちらの方ができやすいのか、体質は関係があるのか
どのようにしたら女の子ができやすいのか、女の子ができる方法が知りたい。
また、産み分けをする事で子供、母体に影響は出たりしないのかが気になります。
子供自体は産み分けをするとできにくくなるのでしょうか、基本的には子供が出来ればもちろん性別はどちらでも良いのですが希望の性別の子供が産まれたらやはり嬉しいと思うので確実、確率の上がる産み分け方法があれば知りたいです。